文賢の評価とレビュー

文章のライディングを助けるツール【文賢】を紹介しています

ブログ記事作成に便利な無料校正ツール3選

無料校正ツール3選

誤字脱字があるかどうかは、文章の品質を決めるうえでとても大切なことです。

ですが、気を付けてチェックしても見逃してしまうことがありますよね。

そこでこの記事では、ブログ記事を書く上で便利な校正ツールを紹介しています。

全て無料で利用できるツールです。

明らかにおかしいミスをチェックしてくれる【Enno】

無料校正ツール3選

Ennoは、誤字脱字や変換ミスなどの「日本語として明らかにおかしい」ところを自動でチェックしてくれるツールです。

使い方はチェックしたい文章をコピペで張り付けてボタンをクリックするだけ。

ユーザー登録も必要ないので使いやすいツールです。

 

ただチェックしてくれるのは「明らかにおかしい」部分だけ。

意図的に間違いをいくつか作ってみましたが、ミスとし表示されませんでした。

 

やっぱり最後は、自分の目で確認することが大切ですね。

無料で利用できます。

 

Ennoサイトはこちら

 

小説形態素解析CGI(β)

無料校正ツール3選

小説形態素解析CGI(β)は、文体を分析して「ひらがなと漢字の比率」や「文章の長さ」「文章の特徴」を評価してくれるツールです。

 

はっきり言って分析結果を見てもよくわかりません。

ですが最後に表示される文体についてのコメントは、客観的に自分の文章の特徴を知ることができるので、読みやすさの改善につなげることができます。

利用は無料です。

 

小説形態素解析CGI(β)サイトはこちら

 

日本語校正サポート

無料校正ツール3選

固有名詞の間違いや、ひらがなに直した方がよい文字を指摘してくれます。

無料でこのレベルの校正が受けられるのは本当に有難い。

試しに使ってみたのですが、これからは常連になりそうです。

 

日本語校正サポートのサイトはこちら

 

最後に

紹介した3つのツールは、無料とは思えないほど使い勝手がいいです。

それだけについ、頼ってしまいがちですが、あまり信用しすぎるのも問題があります。

 

ツールに頼り切るのではなく、最後は自分の目でチェックしてくださいね。

 

bunken2.hatenablog.com